clairesimone

外壁塗装について

外壁塗装は自力で出来るの?

 

.風雨や紫外線などさらされ続けているのが、建物外壁です。

 

新築の状態を維持できなくて、
時間とともに変色とか場合によっては、
ひび割れてしてきたりするのです。

 

ですから一戸建てを始めとして塗装されている建築物は、
綺麗にして置きたいですし、
建物全体を外部からの刺激から守っていくために、
定期的に塗りかえっていかなければなりません。

 

でも外壁を塗り替えるってプロの業者に頼むと
かなりのお金が掛かってきます。

 

そこで自分でなんとか塗り替えられないかは
考えて見る必要があります。

 

ペンキを建物塗っていくので時間は掛かりますが、
やってやれないと考えられますよね。

 

ですから自分で外壁を塗り替えるときのポイントは、
塗料はどんなものを使うかです。

 

外壁を塗り替える塗料は、
「2液混合タイプ」を使わなければなりませんから、
外壁用の塗装道具と電動攪拌機は用意しなければならないのです。

 

さらに痛んだ外壁を塗装する前に
綺麗にできるケレン道具も揃えなければなりません。

 

さらに一階部分はともかく、2階部分を塗るには、
脚立というわけにはいかないので、足場を組まなければできないのです。

 

見積もり依頼のとき、家の仕様書は用意しておいた方がいいの?

 

外壁塗装の見積もり依頼では、
家の仕様書は用意しておいた方がいいのでしょうか。

 

家の仕様書は、業者に塗り替えを依頼する場合、
重要な資料になるので、用意しておいた方がいいでしょう。

 

仕様書というのは、家の状態のために
どのような施工が必要なのかを記したものを指します。

 

基本的に、外壁塗装の見積もりをする場合、
調査診断書と家の仕様書を見ながら、
修復する部分の説明をしていくので、
業者に塗り替えを依頼する場合、
家の仕様書は用意してもらいましょう。

 

書類は、どの業者に提出を依頼しても無料なので、
忘れずに請求することです。

 

外壁塗装で正しい塗り替えをするには、
施工前の建物の状況を知ることが何より大事になってきます。

 

素人が自分で建物を見て、
建物の状態がどうなのかということを診断することはできません。

 

また、ただ見積書を見るだけでは、金額しか書いていないので、
工事の内容を細かく理解するのは難しいです。

 

そこでポイントになるのが、家の仕様書です。

 

信頼できる営業マンであれば、
こちらから言わなくても、家の仕様書は用意してくれるはずです。

 

ニキビを治す方法:口元 ニキビ